電子速記研究会のサイト,再開のお知らせ

御心配をお掛けしていましたが,電子速記研究会のサイトが再開しました。

トロイの木馬に感染していると検知され,削除された「64ビット版リアルタイムはやとくん」のプログラムについては,精査した結果,ウィルス対策ソフトMcAfeeの誤検知という結論になりました。

ただ,誤検知でも,再度お騒がせすることのないように,当該ファイルは削除して,プログラムはアップロードされる前にMcAfeeによりチェックを掛ける体制を整えました。

電子速記研究会のサイト,一時閉鎖のお知らせ

電子速記研究会のサイトが一時閉鎖されています。

電子速記研究会のライブラリに登録されていた「64ビット版リアルタイムはやとくん」のプログラムが,ウイルス対策ソフトのマカフィーで「トロイの木馬」が検出されたため,一時閉鎖にして,安全確認と対策を取り直しています。

その後,原因を究明していますが,どうもウイルスというよりも,ウイルス対策ソフトの問題になっています。

今回「トロイの木馬」と言われたプログラムですが,Windowsのインターネットセキュリティや,ノートンインターネットセキュリティでスキャンしても,ウイルスとは認定されず,マカフィーでチェックを掛けると,ウイルスだということで削除されてしまうそうです。

また,プロウラムを登録した方のパソコンや,電子速記研究会のサイトもスキャンしましたが,ウイルスは検出されませんでした。

マカフィーの誤検出ではないかという疑いも出てきましたが,それでもなんらかの対策が必要ということで,ライブラリに登録する前にマカフィーでウイルスチェックの作業を増やすことになりそうです。

「はやとくんフォーラム2015」開催しました!

「はやとくんフォーラム2015」を,11月28,29日に東京の浅草セントラルホテルで開催しました。28日は49名,29日は38名の参加で盛況でした。

今年は,「はやとくん」が二十歳を迎える年でした。

ニフティ・サーブの会議室でみんなで育て始めてから20年,開発の場も,ニフティのホームパーティー→パティオ→電子速記フォーラム→ニフティ外の電子速記研究会HPと移り変わっています。

「はやとくん」は,これまでずっと日本語入力ソフトはWXGを使っていますが,今年はついに,グーグル日本語入力やMS-IMEなど,ほかのIMEでも使えるように開発を進めることになりました。

節目の年に,新しい世界に乗り出していく「はやとくん」には,また研究しなければならないことが山のように待ち受けていると思うので,新たな気持でまたみんなで頑張っていきましょう(^O^)/

以下,フォーラム1日目の内容を簡単に御紹介します。

  • 石渡照代さん追悼式
    今年2月に逝去された石渡照代さんの追悼式を行いました。スライドと,ラジオ大阪に出演された際の音声を流し,黙祷を捧げました。石渡さん,本当にありがとうございました。

  • 中の群の有効利用(遠藤会長)
    速記タイプの特徴として,中の群の存在があり,はやとくんには,その有効利用のためのメニューが幾つかある。「拗音繰り返し無効」「拗音中戻り」をぜひ使ってほしい。
    長音符号を使用しないはやとくん式の打鍵を,「コーヒー打鍵」と呼んでいる。グーグル日本語入力などのソフトを使う場合にはいろいろな問題があるということを認識しておいてほしい。

  • WXG以外の日本語入力ソフトについて
    グーグル日本語入力は,ダウンロード,インストールすれば,インターネットを接続していなくても使用できる。思ったよりも変換が良いという印象がある。HanyakuW,StenHlWのスイッチ(WXG以外のIMEを使用)も新設された。バージョンアップCDにもグーグル辞書を搭載するので,たくさんのユーザーに試してほしい。

  • 64ビット版へのWXG簡単インストール

    64ビット版PCへのWXGのインストール方法。

  • 略語の体系化
    中戻りなどを使ってストロークを減らし,略語にしない。
    ルールを決めておけば,迷いもなくなる。
    覚えなくて済む略語を一杯作る。
    1つの辞書に全てを詰め込むと順序のコントロールができない。適切に振り分け,セットすることが大事。

2015forum1

2015forum2



「はやとくんフォーラム2015」の御案内

毎年恒例の「はやとくんフォーラム」ですが,今年も11月28,29日に「浅草」で開催いたします。

今年のテーマ 「安心してください,WXG簡単に入ります,そのほかの日本語入力ソフトも使えます!」

来年裁判所で更新になりそうなパソコン(64ビット+Windows8)でも,WXGが簡単にインストールできるようになりました。

ぜひフォーラムで,簡単なインストールの仕方や,はやとくんで動く様子を確認して,安心してください。

また,はやとくんが,WXG以外の日本語ソフト(IME,グーグル日本語入力等)でも使えるようになりました。WXGがいつまで使えるだろうと心配だった方,安心してください。

これから変換精度を上げていくように,辞書や使い方やいろいろな研究が必要ですので,ほかの日本語入力ソフトのお試しができるように使い方をマスターいたしましょう。

そのほか,大量の臨時略語を作って使いこなす方法など,実務で役立つ情報もいっぱいですので,お楽しみに。

●日程(予定) ◇11月28日(土)はやとくんフォーラム

 13:00~17:00  「はやとくんの新機能」,「WXG以外の日本語入力ソフトの使い方」,「WXGの簡単インストール」,「臨時略語の使いこなし方」

 18:00~21:00  懇親会(土間土間浅草店)

◇11月29日(日)総会&開発会議&全司法と懇談会 9:30~16:00  総会,開発会議,全司法本部書記長との懇談会

●場所 浅草セントラルホテル  〒111-0032 東京都台東区浅草1-5-3       TEL 03-3847-2222(代) FAX 03-3847-2260

● 参加申込みについて  28日は参加自由,29日は電子速記研究会の会員限定です。  

お申込みは,

 ○住所

 ○氏名

 ○連絡先

 ○参加予定日

 ○懇親会参加の有無(会費3500円)

 ○宿泊申込みの有無(28日)

 ○昼食申込みの有無(29日)をお知らせください。

 ○会員の方はなるべく全日程参加でお願いします。

● 参加申込み宛先   Kimi宛  電子メールアドレス: kimi-koni@nifty.com

● 申込締切日:10月31日 (宿泊が必要な方はお早めにお申込みください。)

悲しいお知らせ

悲しいお知らせです。

石渡照代さん(14期)が今年2月6日に亡くなられました。

Pamph2
御病気が分かってから,手掛けておられる様々なことにきっちりと整理と引継ぎをされての旅立ちでした。

石渡さんはスケールの大きい実行力のある先輩で,速記官制度問題が起こった20年前には,3度にわたるアメリカへの視察旅行から始まり,韓国への視察旅行を行うなどされてきました。これにより,世界的な視点に立って速記技術や制度問題を捉えられるようになりました。

米国ステノグラフ社では,なぜか既に日本仕様のキー配列の電子速記タイプライター(ステンチュラ6000LX)の試作機が作られているのも,この旅行で発見されました。注文するとすぐに日本へ輸出を始めてくれたので(1999年),速記タイプ製造困難の問題はそもそもないことが分かりました。

その後,速記官制度問題では,国会で繰り返し議論されたり,速記官が将来も安心して働けるように附帯決議(2004年)が出されたり,全国各地の弁護士会から速記官の養成再開の意見表明が相次いで出されています。

石頭の最高裁を相手に,これまで成果を出しつつ,楽しく活動できてきたのは,周りを明るく元気にする石渡さんのお力と思います。

大きKonsin_2なお仕事をされる一方で,電子速記研究会内では総会の司会や書記役など縁の下の力持ち的な仕事でも随分支えていただきました。

チャーミングな石渡さんの優しい笑顔をもう見られないのは寂しい限りです。

御冥福を祈りつつ,石渡さんの思いを引き継いでいけるように,速記官制度を守る会のブログに掲載されている石渡さんの今年の年頭の挨拶をかみながら読みました。

http://www3.sokkikan.coco.jp/article/411634570.html

はやとくんフォーラム2014の御案内

フラフラしている間にあっという間に1年たって、はやとくんフォーラムの季節になりました。

今年の「はやとくんフォーラム2014」の御案内です。happy01

 今年も11月29,30日に「浅草」で開催いたします。

●日程(予定)

◇11月29日(土)はやとくんフォーラム
 13:00-17:00
   「漢字コードについて」 
   「はやとくんハイスクール」 
   「リアルタイムでの表記をコントロールしよう!」
   「ディアマンテとウェーブの使い方」
 18:00-21:00  懇親会(うまいもん酒場えこひいき浅草店)

◇11月30日(日)総会&開発会議&全司法と懇談会
   9:30-11:00 総会(会長あいさつ,経過報告,会計報告,討議議題)
  11:00-12:00 開発会議(日本語入力ソフト,64bitパソコンへの対応など)
  12:00-13:00 昼食 (ステンチュラの消耗品販売)
  13:00-14:00 開発会議

  14:15-15:15全司法本部書記長との懇談会

 15:15-16:00 開発会議&総会残り

 ●場所 浅草セントラルホテル
 
〒111-0032 東京都台東区浅草1-5-3
TEL   03-3847-2222(代)FAX  03-3847-2260

・地下鉄/銀座線浅草駅1番出口より徒歩3分
・地下鉄/都営浅草線浅草駅A4番出口より徒歩5分
・地下鉄/銀座線田原町駅3番出口より徒歩5分
・東武浅草駅正面出口より徒歩5分
・ つくばエクスプレス浅草駅A1出口より徒歩4分

参加申込みについて
 29日は参加自由(事前申込みが必要です)
 30日は電子速記研究会の会員限定です。
 お申込みは,
 ○住所
 ○氏名
 ○連絡先
 ○参加予定日
 ○懇親会参加の有無(会費3500円)
 ○宿泊申込みの有無(29日)
 ○昼食申込みの有無(30日)をお知らせください。
○会員の方はなるべく全日程参加でお願いします。

● 参加申込み宛先

     電子メールアドレス:  Kimi宛 kimi-koni@nifty.com

● 申込締切日:11月10日 (宿泊が必要な方はお早めにお申込みください。)

はやとくんフォーラム2013日程

毎年恒例の「はやとくんフォーラム」ですが,今年も「浅草セントラルホテル」で開催いたします。

講師は,2年前に大好評だったスタンフォード大学人類学部准教授の井上美弥子氏をお迎えして御講演いただきます。(井上美弥子氏は,日本の速記の歴史,特に裁判所における速記の役割の変遷を中心に研究をされている方です。)

遠藤会長からは,漢字コードと漢字を調べることができる新ソフトの発表があります。そのソフトを使えば,漢字を入力すればコードを,コードを入力すれば漢字が表示されるそうです。

また,奥平氏から,テレビの生字幕付けでますます活躍のワードワープ社の最近の情報をお聞きします。

先週,日本版ディアマンテとウェーブが31台,日本に輸入されましたので,実物もぜひ御覧ください。

※ 今年は,懇親会会場はホテル内ではなく,ホテル前の「うまいもん酒場えこひいき浅草店」ですので,お間違いのないようにお願いします。

●日程
◇12月7日(土)はやとくんフォーラム
13:00~13:10 開会
13:10~13:40 ワードワープ社の字幕付け 講師 奥平氏
13:40~14:40文字コードソフトの紹介 講師 遠藤会長
            日本版ディアマンテ紹介 小西
15:00~16:30 米国の法廷速記 講師 井上氏
16:30~17:00 質問コーナー&閉会のあいさつ
18:00~21:00 懇親会(えこひいき浅草店)

◇12月8日(日)総会&開発会議&懇談会
  9:30~11:00 総会(会長あいさつ,経過報告,会計報告,討議議題)
11:00~12:00 Word2007の対応について
12:00~13:00 昼食 (ステンチュラの消耗品販売)
13:00~14:00 開発会議
14:15~15:15 全司法との懇談会
15:15~16:00 総会or開発会議残り

4colorsstraight2

日本版ディアマンテとウェーブ

Japan_diamante_and_wave_final_testi 日本版ディアマンテとウェーブが出来上がり,明日には出荷できるという連絡がステノ社からありました。

左の写真は,工場で最後のテスト段階のディアマンテとウェーブです。

ディアマンテ14台,ウェーブ17台(うち4台は裁判所速記官以外の方が購入)がアメリカから日本にやってきます。

新しい機械の到着にワクワクしますが,ボーナスが吹き飛ぶぐらい高価なものなので,購入者の懐事情を思うと胸が痛みます。

最初にステンチュラの輸入を始めた1999年以来,裁判所速記官は速記タイプの購入を自己負担で約1億円ほどしてきていますが,それが今回また1106万円増えます。

ディアマンテ(本体5395ドル+輸送料210ドルー集団購入で値引き200ドル)×14台=75670ドル

ウェーブ(本体2495ドル+輸送料210ドルー値引き100ドル)×13台=33865ドル

75670ドル+33865ドル ×101円=11,063,035円

最高裁は古い旧式の速記タイプが700台倉庫にあるので,新しい機械は買わないとこの14年間言い続けています。
倉庫に積み上げて10年以上たった機械など,外見はきれいでも,ゴムを使った部品は朽ちているだろうし,法廷で怖くて使えません。また,もし整備しているので使えると言われても,電動化もしていない旧式の速記タイプに戻るのは,腱鞘炎になりそうで怖いです。

11月13日の衆議院法務委員会で,郡和子議員が最高裁にこの問題を指摘して,旧式の新古品の速記タイプを処分して新しいものを買ってあげてください,私が財務省に言ってあげましょうかとまで言ってくださいました。

速記官が1億1000万円も自腹を切り続けているのは,仕事に必要な機械だからということを,最高裁にも改めて分かってほしいと思います。

はやとくん通信NO.60

はやとくん通信N.60です。

2013年10月発行のものです。

「hayatonews60.pdf」をダウンロード

11月13日衆議院法務委員会で郡和子委員が質問

衆議院の法務委員会で,民主党の郡和子議員が次のような内容で最高裁に質問しています。

・聴覚障害者が裁判員になる権利を保障するため、リアルタイム速記を導入する必要があると考えるが、これまでの裁判員候補者又は裁判員として選任された聴覚障害者の人数と、裁判員となった聴覚障害者に対して行われたサービスについて、伺いたい。また、リアルタイム速記の利用実績についても、伺いたい。

・裁判で利用される音声認識システムの認識率と正確性について、伺いたい。

・裁判所においては、速記官の養成を停止し、民間委託による録音反訳方式の調書作成となったが、プライバシーや作成にかかる日数、調書の正確性などの問題を踏まえると、調書の作成方法としては不適切ではないかと考えるが、最高裁判所当局の見解を伺いたい。

実際のやり取りは,こちらから見られます。

衆議院インターネット審議中継

http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.php?ex=VL&deli_id=43202&media_type=wb

開会日:2013年11月13日 (水)
会議名:法務委員会 (3時間12分)

案件:
裁判所の司法行政に関する件

発言者一覧
説明・質疑者等(発言順):  開始時間  所要時間 

郡和子(民主党・無所属クラブ)  10時 04分   31分

こちらから再生して6分30秒ぐらいから31分までが速記関係の内容です。

«はやとくん通信No.59

最近のトラックバック

2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31