« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月

はやとくんサポート報告

症状:バージョンアップをしたら,リアルタイムはやとくん(StenHlW)も反訳はやとくん(HanyakuW)も起動しなくなった。

解決法:

「システムファイルのインストールFile(主にVista用)」

というファイルを,電子速記研究会のライブラリからダウンロードして,インストールしてください。

Vista用とありますが,Windows2000とXPもインストールしないと,今年の8月以降のバージョンの「はやとくん」が作動しなくなります。

福井の「はやとくん講座」

今年も福井で「はやとくん講座」が開催されます。

とき  12月1日(土)、2日(日)
時間  1日13:30~16:30
    2日10:00~14:00
会場  すかっとランド九頭竜 大会議室

【講座内容】
(1)12月1日(土)
  平成19年度「リアルタイム字幕入力者養成講座」
  講 師 「電子速記研究会」 「株式会社ワードワープ」
  1 電子速記タイプライターに触れる
  2 入力方法の説明⇒基本音節と略語を使って入力する
  3 漢字かな交じり文への変換
  4 質疑応答、意見交換。

(2)12月2日(日)
  「補聴システムと聞こえのセミナー」
  講 師 「NPO 法人福井県中途失聴・難聴者協会」 理事長 嶋田昇浩
     「NPO 法人石川県難聴者協会」 理事長 山本茂世
      「電子速記研究会」 会 長 遠藤基資
  1 難聴者のコミュニケーション障害の現状と問題点
  2 様々な補聴システム
  3 はやとくん字幕について
  4 漫才を字幕で楽しみましょう

(詳細はこちら)→「fukui.pdf」をダウンロード

人権擁護大会in浜松の報告(1)

Cimg3639  11月1~2日にかけて,静岡県浜松市で日弁連の人権擁護大会が行われました。

 1日目の第1分科会と2日目の大会に,電子速記「はやとくん」によるリアルタイム字幕付けを行いました。

 平日に2日続けての情報保障は,人集めの大変さが予想されましたが,過去に速記官の養成再開の決議をしていただいた静岡県弁護士会の願いを断ることはできず,また浜松の弁護士さんの早くから資料を送ってくださる誠意と行動力に負けて,お引き受けいたしました。50周年大会を成功させようという浜松の弁護士さんたちの熱意はすごかったです。

 資料もせっせと送ってくださるので,郵送の資料はスキャナにかけてPDF文書にして,メールに添付の資料はそのままの形で,@niftyのキャビネットに入れて,参加者で資料を即座に共有できるようにしました。

 第1分科会の570ページの資料をはじめ,いろいろな資料を読み込み,辞書は基本単語は3000以上,略語は1500登録しました。

 そして,今回特にすばらしかったのが,約2000人の目の前で大江健三郎さんの講演の字幕を付けたことです。大江さんは愛媛県出身で,私の出身校の大先輩なので,特別な思い入れがあります。

 今回,身近でその言葉を聞けて,偉大さや優しさに触れられたことは,私にとって何よりの収穫でした。裁判所の中にだけいては,決して体験できないことです。

 また,浜松の弁護士さんから次のようなお礼状をいただいて,ご期待にこたえることができたことに,心よりほっとしたのでした。

「この度の、浜松人権大会が大成功に終わりましたのも、第1シンポと大会当日における完璧な電子速記による字幕付けのおかげであり、大会関係者を代表しまして、感謝申し上げます。そのうえ、字幕付け記録の整理も大変すばやくやっていただき、ありがとうございました。
来年も、富山の人権大会関係者から要請があるかも分りませんが、これも合わせてよろしくお願い致します。
電子速記研究会の方々にはくれぐれも、よろしくお伝え下さい。ありがとうございました。」
 地元でお世話してくださった静岡の速記官をはじめ,全国から駆けつけてくれた速記官,その留守を守ってくれたり,辞書作りなどお手伝いしてくれた速記官たちの協力で,大成功の字幕付けでした。

はやとくんのCDについて

Image  「はやとくん」のインストールは,赤い扉のインストールCDを入れて,それから毎年のバージョンアップCDをインストールしていく必要がありました。

最近は,お試し版CDを12月のフォーラム時に配って,正式版を翌年3月に出していたので,余計に何枚もあり,混乱を生じがちでした。

今年の「はやとくんフォーラム」では,CDの配布をやめて,「はやとくんフォーラム」時に同時に開催される開発会議で決まった変更も取り入れて,1枚でインストールから最新のバージョンアップまで済むようなものを,年明けに作る予定です。

Image1

Cd2006_3

2007cd

はやとくんフォーラムの参加表明

はやとくん通信が皆のところに着いたらしく,「はやとくんフォーラム」の参加表明が,続々と届くようになりました。

参加のメールをいただくのはとてもうれしいですが,今日はNAOKOさんから懇親会出席のメールがあり殊更うれしかったです。(*^_^*)

速記官の法廷の机

11月6日の最高裁給与課長交渉で,いきなり前進がありました。

最高裁は常々,私物のステンチュラのための改造は行わないと言っていたのですが,態度の急変にびっくりです。

以下,全司法情報NO.1963からの引用です。

最高裁「速記官卓子については,各地の法廷に立ち会っている速記官から,ステンチュラでも利用できるものにしてもらいたいとの要望があることから,速記官の執務環境の整備をはかるという観点から,今後,法廷増改築等により新規に速記官卓子を順次整備していく方向で検討している。

 また,形状については,書記官卓子との分離型とした上で,卓子の天板に蓋付きの穴が開いたものにすることによって,ステンチュラでも利用できるようにするとともに,天版の高さを調整できるようにして,法廷通訳人用としても利用しやすいものとする方向で検討している。」

(注):卓子=机です

この春,DVDを持って国会議員へ陳情に行った際,民主党の江田五月参議院議長が法廷の机問題に関心を持ってくださって,その後,東京地裁の裁判員法廷視察の際にも,速記官の机に注目してくださっていました。

これまで長年さんざんやって駄目だったのに,このタイミングで急に認めるというのは,江田さん効果かなと,思ったりもします。

法廷の音声認識システムの進行具合

 11/7 最高裁から久々に音声認識システムの研究開発についての情報が明らかにされました。

 音声認識システムについては,NECが昨年より研究開発を始めて,今年も継続して昨年同様1億数千万円の予算で2年目に突入しています。

 昨年から東京地裁の法廷で音声データを収集していますが,うまくいかなかったようで,今度はマイクをピンマイクに替えて,本年3月から5月までの間,東京地裁の2法廷で音声データの収集を行ったそうです。

 その結果,市販の機器では操作が煩雑であったり,音量が小さいなどの課題があったそうで,NECで音声認識システム専用のピンマイクの開発に取り組んできたそうです。

 そして,この度,めでたくピンマイクの試作品が完成したということで,その性能等を検証するために,改めて,東京地裁の同じ法廷で,そのピンマイクによる音声データの収集を行うこととにしたのでお知らせするという内容でした。

 試作器は,スイッチ操作の簡易化が図られたこと,プリアンプを登載することにより自動
での音量調整が可能となったこと,マイクヘの電源供給器を内蔵することにより機器のコンパクト化を実現したことなどの特徴を有するそうです。

 難航しているんだろうとは予想していましたが,ここまで進んでないとは。

 音声認識システムの入口にさえまだ入っておらず,音をつかまえるところでつまずいていたんですね。

 ピンマイクにしたところで,人間は180度首を縦と横に振る動物で,つい最近,私も失敗したところです。

 左襟にピンマイクを付けて,思いっきりスクリーンのある右を向いてしゃべって,小さな声でプレゼンをして,字幕付けの速記官に迷惑を掛けてしまいました。

 ピンマイクでも大丈夫なのかなと思います。

 

 

はやとくん通信No.38

Contents
◆「はやとくんフォーラム2007」&電子速記研究会総会の御案内
 フォーラムに合わせて,昨年同様ステンチュラ用の消耗品の集団購入をします。

◆この秋も~全国各地で「はやとくん」大活躍! 報告特集
◎その1 9月8日,公開セミナー「裁判員制度のeサポート」の報告
 
 公開セミナーに参加された北大の町村教授のブログ記事(http://matimura.cocolog-nifty.com/より)
   
◎その2 情報保障ボランティア in札幌 
 平成19年9月14日,第6回「高齢者・障害者権利擁護の集い」(主催:日本弁護士連合会・北海道弁護士会連合会・札幌弁護士会)字幕付け報告
 
◎その3 「聴覚障害者のための字幕付与」シンポジウムの報告

◎その4 関東弁護士連合会シンポジウム(新潟)の字幕付け報告

◎その5 10月13日,東京・青山学院大学:「裁判員の選任と評議を考える-市民の積極的参加のために」シンポジウム字幕付け報告

◆番外編 またまた,石渡さんがラジオ出演!
9/28(金),ラジオ大阪「ほんまもん!原田年晴です!」に特別ゲストとして出演

「hayatokun_newsletter38.pdf」をダウンロード

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

最近のトラックバック

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31