« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月

IT法廷ってなんだろう・・・

私のいる地方裁判所の裁判員法廷も,IT法廷になりました。

先週,IT機材が入って初めての法廷だったのですが,元速記官席のところに機材が置かれているので,その分横へずれなければなりません。

証人席からまた遠くなり,証言がまた少し聞こえづらくなりました。

先週は,IT機器は使わない法廷だったのですが,使う法廷のときの騒音はどれぐらいだろうと気になります。すぐ右横にパソコン,プリンター,書画カメラが置かれ,左側は大型ディスプレーがあります。

裁判員法廷になったときも,マイク機器が増えて,いつもジーというような騒音がするようになりました。また,書記官席が機材を置く関係で広くなり,その分,速記官席は証言席から遠くなったと思っていたのですが,今回IT機器が増えてますます端に追いやられていく速記官席です。

正確に聴取することが,早く正確な速記録を作成するためにもっとも重要なことなのですが,それを遠ざけるIT法廷ってなんだろうと思います。

せめてこの機器が,速記でリアルタイム文字表示したり,そこにタッチペンでマークやメモ書きができたり,過去の速記録をささっと検索できることに使えればよいのですが。

北日本新聞社のハイテク法廷の記事が,法廷の全景写真が写っているので感じが分かるでしょうか。写真は富山地裁の法廷です。

http://www.kitanippon.co.jp/contents/knpnews/20080220/10180.html

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

最近のトラックバック

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31