« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月

裁判員法廷でリアルタイム速記 in 大阪弁護士会

Jinmon 3月26日,大阪弁護士会に新しく裁判員法廷のセット(可動式)が作られたということで,こけら落としの模擬裁判が開催されました。

速記官の席もあるよということで速記要請があり,大阪地裁の速記官3名が出動して,リアルタイム速記を行いました。

Moji 証人質問30分、被告人質問30分のやり取りを,その場でプロジェクターでスクリーンに映し出したそうです。

速記は30分交替で2人で入力,修正は交替なしで1人で行ったそうです。

得意の法廷でのやり取りだけあって,異議が多発されても,内容はもちろん発言者が交替したときはきちんと発言者の表示もできて,すばらしい出来だったと聞きました。

詳しくは,こちらで↓

リンク: 裁判所速記官制度を守る会 : 裁判員法廷でリアルタイム速記 by sokkikan.

080401122152 今日は異動の日で,たくさんの方を見送りました。

裁判所の桜も満開で,旅立っていく方を見送っていました。桜って,どうしてこんなにぴったりに咲くんでしょうね。

東京新聞:法テラス副所長が抗議の辞任 「コピー代も出ず、なり手いなくなる」:社会(TOKYO Web)

リンク: 東京新聞:法テラス副所長が抗議の辞任 「コピー代も出ず、なり手いなくなる」:社会(TOKYO Web).

こんなことでと思われそうですが,速記録も,午後半日の立会でも100ページぐらいにはなるので,馬鹿にならない金額にすぐなるだろうと思います。

アメリカでは,速記録をフロッピーで渡せて,それが弁護士さんにとても好評なんだと,ずっと以前に聞いたことがあります。

今は,サイトからダウンロードできたり,メールで受け取れたりという制度もあるようで,もっと進んでいるようです。

日本でも,せめて裁判所に謄写用のスキャナを備え付けて,それはただで利用できるようにするとか,どうしても謄写じゃなければならないなら,もっと親切な方法にすればよいのになと思います。

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

最近のトラックバック

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31