« はやとくんフォーラム報告 | トップページ | 裁判員評議に速記録を=法廷証言、文書化求める声-最高裁は録画利用方針 »

逐語録作成求め声明/大分県弁護士会

リンク: asahi.com:逐語録作成求め声明/県弁護士会-マイタウン大分.

逐語録作成求め声明/県弁護士会 2008年12月10日

 県弁護士会(古庄玄知会長)は9日、来年5月から始まる裁判員制度の審理や評議の充実を図るために、被告人質問や証人尋問などでのやりとりを一言一句記録した「逐語録」を作成する体制の整備を求める声明を発表した。同日、政府や最高裁などに郵送した。


 裁判員裁判では、裁判の様子はDVDで記録されることになる。県弁護士会は声明の中で、「DVDは一覧性がなく、文字情報の逐語録より著しく劣る」としたうえで、録画の再生時間が発言時間と同じ長さになるとして、「迅速に発言内容を確認するのに適さない」と主張。評議ではDVDの必要な部分だけが再生されることから、「法廷で裁判員が証言内容をメモすることに追われ、審理に集中できない恐れもある」としている。


 一方で、最新の速記システムを利用した速記官による逐語録が使用されれば、尋問調書を裁判員らにすぐに配ることができ、証言内容も簡単に確認できるという。県弁護士会は「最高裁が98年4月から養成を停止したことで、この10年間で速記官が約3分の1に減った」と指摘しており、速記官の養成再開のための立法措置も求めている。

リンク: 県弁護士会 「逐語録」作成求める【大分のニュース】-大分合同新聞.

県弁護士会 「逐語録」作成求める [2008年12月10日 14:10]

裁判員の負担軽減へ
 来年五月に始まる裁判員制度で充実した裁判ができるよう、県弁護士会(古庄玄知会長)は九日、裁判内容を文字で記録し、すぐに見ることが可能な「逐語録」の作成を求める会長声明を出した。同日、最高裁長官などに郵送した。
 速記官が打ち込む裁判の内容をパソコンで文字変換してすぐに逐語録を作るよう求め、併せて速記態勢を整備するよう訴えた。
 逐語録を作るメリットとして、裁判員がメモを取る負担がなくなり審理に集中できることや、検察側と弁護側が内容を十分に検討して意見陳述できることを挙げた。また、聴覚障害者が裁判員として参加しやすくなり、自動点訳ソフトを組み合わせれば視覚障害者が裁判員になった場合も適切に対応できるとしている。
 最高裁は裁判内容をDVDに録画し、キーワードで検索・再生できるシステムを導入する方針だが、同弁護士会は「一覧性のある文字情報は不可欠」と指摘している。大分地裁での模擬裁判でも裁判員役の市民から「尋問を見ながらメモを取るのは難しい」と改善を求める声が多かった。
 最高裁は一九九八年から裁判所速記官の養成と採用を中止している。速記官はこの十年間で約三分の一に減り、現在は全国で約二百八十人。同弁護士会は新しく速記官を養成する必要性を訴えている。

すごいニュースでびっくりです。
栃木県弁護士会に続いて、大分県弁護士会も速記官についての要望を出してくださっていたとは。
各地の弁護士会から、こんな要望が続々と続くと、裁判員裁判に速記官が「逐語録」を提供することが可能になるかもしれません。

« はやとくんフォーラム報告 | トップページ | 裁判員評議に速記録を=法廷証言、文書化求める声-最高裁は録画利用方針 »

速記官制度」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 逐語録作成求め声明/大分県弁護士会:

« はやとくんフォーラム報告 | トップページ | 裁判員評議に速記録を=法廷証言、文書化求める声-最高裁は録画利用方針 »

最近のトラックバック

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31