« 北國新聞 金沢弁「変換できんげん」 | トップページ | asahi.com(朝日新聞社):関西弁、苦手ですわ 大阪地裁で音声認識システム初披露 - 関西ニュース一般 »

証言内容を映像再生 評議室で確認可能 【あなたが裁く 迫る裁判員制度】:産経関西(産経新聞大阪本社公式ニュースサイト)

リンク: 証言内容を映像再生 評議室で確認可能 【あなたが裁く 迫る裁判員制度】:産経関西(産経新聞大阪本社公式ニュースサイト).

大阪地裁に大阪弁対応の音声認識システムが備え付けられ、ニュースになりました。

産経新聞は「記録」に使うかどうかの点にまで触れているのと、誤認識のハプニングのことをわざわざ書いているのがおもしろいので、御紹介します。

「血痕」の検索は、キーワードがよかったようでうまくいったようですが、実務で使い出せば誤認識のハプニングだらけでしょうね。

4億円掛けて、このシステムでは8割しかめざせないことが分かり、最高裁も気が済んだことと思います。

5年前には95%の認識率を達成しているという話だったのに、今では目標が8割です。

速記官なら、校正者なしの1人リアルタイムで文字表示させても9割以上はいきます。

これから幾らの予算を掛けて160の法廷に設置したり、研修を行ったり、維持管理するのか分かりませんが、使い物にならないお荷物システムになるのは目に見えているのに、止めることはできないのでしょうか。

2009年1月15日
証言内容を映像再生 評議室で確認可能 【あなたが裁く 迫る裁判員制度】
 今年5月に始まる裁判員制度で、評議室で証言内容を確認するための「音声認識システム」がほぼ完成し、14日、大阪地裁で初めて公開された。大阪、東京、名古屋の3地裁の各2法廷にシステム機器を設置し、試験的に運用。3月末までに全国約160法廷に配備して裁判員制度の開始に備える。

 「血痕の採取は何回くらいしましたか」

 「刑事生活は二十何年してますが、数えきられへんですね」

 この日大阪地裁では、血痕が落ちていた現場の実況見分を行った刑事に対する検察官の模擬尋問を実施。数分後にパソコンで「血痕」のキーワードで検索すると、冒頭の検察官の質問から続くやりとりの映像が大画面に流れた。

 音声認識システムは平成18年に最高裁がNECに委託し、約3年かけて開発。法廷に小型カメラを設置して撮影するとともにマイクで質問や証言を拾い、短時間で文字化して記録する。

 評議室で裁判員の求めに応じて裁判官がパソコンで言葉をキーワード検索すれば、文字化された記録が大画面に映し出される。さらに詳しく確認したい文字の部分を選択すれば、大画面で裁判員が見る映像も再生できる仕組みだ。

 審理直後の評議でも正確な検証を実現するのがねらい。ただ、文字化された記録は誤認識もあるため公式には残されず、速記録を別に作成するという。
 大阪地裁に設置したシステムには、標準語に加え関西弁を認識するプログラムを搭載。冒頭の刑事の証言が誤認識されるハプニングもあったが、最高裁担当者は「8割程度の認識率があれば検索はできる」と強調。目標だった8割はほぼ達成しているという。(2009年1月15日 08:46)

« 北國新聞 金沢弁「変換できんげん」 | トップページ | asahi.com(朝日新聞社):関西弁、苦手ですわ 大阪地裁で音声認識システム初披露 - 関西ニュース一般 »

音声認識」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 北國新聞 金沢弁「変換できんげん」 | トップページ | asahi.com(朝日新聞社):関西弁、苦手ですわ 大阪地裁で音声認識システム初披露 - 関西ニュース一般 »

最近のトラックバック

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31