« ステンチュラ・フュージョンの注文を取りまとめます | トップページ | フュージョン(Stentura Fusion)の注文を締め切ります  »

ステノグラフ社の新製品ディアマンテ(Diamante)

Diamante_150 7月27日,ステノグラフ社から新製品登場です。
名前はディアマンテ(Diamante),ディスプレイが大きく,パソコンと速記用タイプライターが一つになったような形で,これがあればパソコンを持ち運ぶ必要がなく身軽に仕事ができるそうです。

詳しくはこちらを御覧ください。ビデオ映像もあります。

リンク: Diamante writer from Stenograph.

« ステンチュラ・フュージョンの注文を取りまとめます | トップページ | フュージョン(Stentura Fusion)の注文を締め切ります  »

速記」カテゴリの記事

コメント

タイプがこれほど進化しているのかと、びっくりしました。
こんな時代にアナログタイプしか官支給されないなんて、ひどい話です。

おおっ~驚きの新機種。これで日本語対応型ができれば鬼に金棒ものですが、もう自腹も限界ですよね、おのおの方。 

「パソコンと一つになって」というからには、日本語変換のソフトもこれに搭載できるのでしょうか? それとロールペーパーみたいなものが出てきませんね。あれは必要ないのですか?

花子さん、ご無沙汰しております。時々携帯から読ませてもらってました。
参考までに、この機種の値段は幾らくらいか、ご存じでしたら教えてください。

たくさんコメントありがとうございます。

ディアマンテは,Windowsが入っていれば,日本語変換ソフトも,はやとくんも入れられると思うのですが,まだよく分かりません。
引き続き注目していきたいです。

ペーパーは出てきませんが,速記符号データは作成されるので,必要なときだけプリントアウトして,あとはパソコン内で一定期間保存することで済むようになればよいのですが。

値段は4995ドル,約50万円です。

花子さんは守る会のブログで,こちらの電子速記研究会のブログはKimiが書いてます。
花子さんの記事を,よくこちらにもいただいて,転載させてもらっているのでまぎらわしくてすみません(^^)/

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ステノグラフ社の新製品ディアマンテ(Diamante):

« ステンチュラ・フュージョンの注文を取りまとめます | トップページ | フュージョン(Stentura Fusion)の注文を締め切ります  »

最近のトラックバック

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31